床暖房とCCF STYLE の違いについて

CCF STYLE 床暖房コラム。(転載)

F130819.jpg

床暖房とCCF STYLE の違いについて

床暖房は文字通り床を温めるための設備で、床下に温水を流したり
ヒーターを設置したりして、床を『 直 接 』温めます。

温水やヒーターで温まった床からは輻射熱が放出されますので、
床暖房=輻射暖房と言われています。

そして床暖房は、その輻射熱で部屋を温めるので、
気流を感じないやさしい温かさになるといわれています。

ところが、床暖房だけでは部屋全体が温まらないケースが多いのも事実です。

なぜなら、単純に床暖房に使う熱エネルギーよりも
その部屋や家全体が損失する熱エネルギーがの方が大きいからです。

ところが床暖房だけでその部屋や家が損失する熱エネルギーを賄おうとすると、
ヒーターや温水の温度を上げなければならず、
そうすると床の温度が上がりすぎてしまい、
快適ではなくなってしまいます。

床暖房で低温やけどをしたという話をよく耳にするのは
床下に通っている温水の温度が高い(40℃程度)ためで、
長時間その床に座っていたりするとこの低温やけどになる可能性があります。

とは言っても床下に通す温水の温度やヒーターの温度を40度以上にすると
今度は不快な床の温かさになってしまいます。

現在では、床下に通す温水の温度を低くした
低温床暖房というものがありますが、
それだけでは部屋全体が温まる事はありません。

当然、エアコンやファンヒーターなど、
他の暖房器具を併用しなければならなくなります。

CCF STYLEは床暖房の効果はありますが、
床暖房とは基本的な考え方が違います。

それは、『 床を暖める 』事は
2次的な事として捉えているからです。

CCF STYLEの発想は、

『 小さいエネルギーで家全体を快適にする 』事です。

そのためにはどうすれば良いのか?

それを追求していくと
エアコンなどのような『 単なる設備 』という概念から
脱出しなければならなくなります。

そして『 どうやって暖めるか? 』
『 どうやって冷やすか? 』という事を
徹底的に追求した結果、
『 床下を利用する 』という結論に達したのです。

床暖房は『 床を温める設備 』です。

CCF STYLEは『 住まい全体を快適にするしくみ 』です。

ここに床暖房との大きな違いがあります。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
 「建築デザインブログ村」「FC2建築ブログ」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ


 
---------------------------------------

京都の幼稚園で、CCF STYLE。

F130306 (10)

CCF STYLE 開発者の、駒形直彦 氏。

床下冷暖房+全館空調のCCF STYLEを取り入れた

京都の聖光幼稚園さんから、「感謝状」を頂いたそうです!


先日の大阪研修会議の翌日、そのまま京都へ。

聖光幼稚園さんの落成式に出席、サプライズの「感謝状」だったそうです!


私もなんか、感動です

F130306 (11)

小さい子供さんたちも、CCF STYLE、無垢フロアーの床暖房と空調で、

毎日快適に過ごしていただけると思うと、とても嬉しいです!

F130306 (12)

エターナルでは、これまで住宅でCCF STYLEを多く採用しています。

全国的には、住宅以外にも、今回のような幼稚園、

グループホーム、歯科医院などにも採用されています。

そのほか、別荘や集合住宅も。



ただひとこと!とても「快適」です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
 「建築デザインブログ村」「FC2建築ブログ」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ


 
---------------------------------------

CCF登録店研修会議、大阪会場。

F130301 (14)

本日午後より、CCFSTYLE登録店の研修会議。

F130301 (15)


大阪会場にて。

主に、西日本各地の登録店さんが集まっています。

新型機の説明や、温熱環境のことなど。

F130301 (16)

4月より新しくなる室内機。

F130301 (17)

夜は、懇親会がありました。

CCF登録店に加盟して、全国の工務店さんや建築会社さん、そして設計士さんと

交流させていただくようになりました。

よく、お客さまよりお問合せがありますが、

CCF STYLEは、フランチャイズとかではなく、

登録店になることで、床下冷暖房のCCF STYLEを施工できるという仕組みになっています。

建物自体の性能や仕様がしっかりしてないと、この空調システム機械の性能を発揮することができません。

それぞれの登録店さんが、それぞれこだわりを持って、

さまざまな材料、さまざまな仕様で、「すまいづくり」を行なっています。


温熱環境のことをしっかり理解していて、施工もきちんとしていないと、

この機械の設置は意味がなくなってしまうため、

自然とマニアックな人たちが集まっているような気がします。


会議中も懇親会中も、お互いの意見も飛び交い、

勉強にもなり、そして楽しくもあり、とても有意義な時間です。

今回も、楽しかった~  あっという間に時間が過ぎました。

みなさんお疲れさまでした


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
 「建築デザインブログ村」「FC2建築ブログ」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ


 
---------------------------------------

CCF STYLE 研修会議。

F120830.jpg

東京で行なわれた、CCFSTYLE 研修会議 に参加してきました。

写真は、パッシブエネルギージャパン株式会社のドイティンガー氏。

今回、エターナルの「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」にも取り入れる、

先進省エネシステムの「呼吸型全熱交換換気システム」の説明中。

熱交換率91%の省エネのスーパー換気です。

F120830 (1)

熱伝導率を低くする断熱性能の向上のみならず、

夏の暑さを軽減するために、遮熱性能の向上も求められています。

熱移動の約75%が輻射熱。その輻射熱を99%カットする、高純度アルミの遮熱材の説明もありました。



まだまだ遅れているという、日本の省エネ基準。

現在大幅に見直されている段階ですが、

選択肢はたくさんあるような気がします。

そして、性能のよい家をつくるためには、

施工者が、間違った施工をしないことが大切だと思います。



私も日頃から感じることですが、住宅の性能において『快適』の基準が人それぞれ。。

暑がりの方もいらっしゃれば、寒がりの方もいらっしゃり、

私たちの施工エリア内でも、海の近くもあれば、山の上もあり、

日照時間が長いところもあれば、短いところもあり、条件もさまざまです。

法律や国の基準のみならず、さまざまな条件を考慮して、

それぞれのお客さまにとって、『快適』となるようなおすまいを

これからも、ご提案差し上げたいと思います。

F120830 (3)

↑ 積極的な意見交換が行なわれた研修会議のあとの、懇親会。

(今回は、東京会場なので、東京、福島、山形、新潟など東日本の方々がメイン。)

ここでも、熱~い討論会!となりました。

すまいづくりの話から、太陽エネルギーの話まで。

話は宇宙まで広がり(←火付け役は夫ですが。。)

このあとも深夜まで、和気あいあいと有意義な時間をすごさせていただきました

はっきり言って「温熱環境マニア」の集まりです(笑)


CCF登録店の皆さん、それぞれこだわりをもたれてる方ばかりで、

マニュアル通りではなく、独自の考え方やこれまでの経験を活かして、

かなりマニアックなすまいづくりをされています。


快適なすまいづくりの方法のセミナーのCCFの研修会議が、本当に楽しい!

私たちの仕事は、物売りではなく、

お客さまに、より快適な、そして満足していただけるおすまいを

提供することだと思っています。


CCF STYLE サイコー!・・です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------

CCF STYLE 研修会・大阪会場

F120302.jpg

CCF STYLE 研修会。

大阪市内で行なわれた会議に、夫とふたりで参加してきました。

温熱環境のこと。
補助金のこと。
CCF STYLEのこと。   などなど。

本当におもしろい充実した内容でした。


F120302 (1)

CCF STYLE が、快適な理由のうちのひとつ。

ひとつの建物内の温度差が2℃以内であること。

実際の調査のデータの写真。

F120302 (2)

断熱計画をすすめていく上で、実際私もあれこれ悩むところ。

性能をよくすればよくするほど、費用も掛かる。

もちろん、費用がかからないほうがいい。

間取りも、窓の大きさも、建築地の環境も、すべて違ってきます。

それぞれのお客さまにとって、

「快適」だと思っていただける、温熱環境のご提案を

させていただきたいと思っています。



研修会のあとは、懇親会。

F120302 (3)

写真は、最後に撮ったもので、今回の参加者全員ではありませんが、

本当に楽しかったです

どうしたら受注が取れるのか、というような内容のセミナーは、私もちょっと好きではなく、

どうしたら、快適なすまいができるのか。
どうしたら、お客さまに喜んでいただけるのか。
どうしたら、よい家ができるのか。

そんな内容の、CCF STYLEの研修会や意見交換は、本当におもしろいです

そして、CCF STYLE登録店のみなさん、とにかく全員がマニアック

すまいづくりへのこだわりや、妥協のないところ、みなさんとても勉強熱心で、

私たちも、とても刺激になります。

こんな同じ想いのみなさんと、貴重な時間を共有できること、今日も「感謝」。

とても居心地のよい場所です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------

CCF STYLE 「快適ECO生活」定例研修会議。

F111122.jpg

今日は大阪です。

CCF STYLE 定例研修会議。(大阪会場)

夫とふたりで参加しました。

F111122 (1)

「快適ECO生活」

床下冷暖房のCCF STYLEを取り入れた

断熱性能にこだわった省エネ住宅について。


長期優良住宅。

それと、次世代省エネ基準をさらにうわまった断熱性能の家。+CCF STYLE。

実際に建築させてさせていただいて、私自身もとても気に入ってます

断熱強化については、

私たちもその内容について、しっかり理解していなければ

お客さまにも、良いご提案ができないと思っています。

断熱材の違い(種類)、サッシ・硝子の違いによる特長をふまえて、

断熱計画を立てることが結構おもしろくて、やりがいも感じます。


会議終了後、懇親会も行なわれました。

F111122 (2)

F111122 (3)

CCF登録店のみなさんの、すまいづくりへのこだわりを聞くことができて、

とても刺激になり、勉強にもなりました

CCF STYLEのことはもちろんですが、

基礎のことや、大工さんのこと、断熱材のこと、など

いろんな話が本当におもしろかった

まだまだ勉強!

お客さまには、いつでもいつも最適な、ご提案ができるよう

もっともっとがんばります!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------

CCF STYLE・樹脂サッシ+高遮熱断熱Low-Eペアグラス(アルゴンガス入り)

熱伝導率の低い「樹脂サッシ」を、「CCF STYLEの家」に採用しています。

F110523  外観

F110523 (1) 内観

写真は、TOSTEM「マイスターⅡ」

(次世代省エネ基準I・Ⅱ地域以南適合) ※I・Ⅱ地域=北海道・青森県・岩手県・秋田県(愛媛県→Ⅳ地域)

F110523 (2)

F110523 (3)

F110523 (4) (LIXIL HPより)



上記(一番右)データは、樹脂サッシ+高断熱複層ガラス仕様のものです。(熱貫流率は2.33(W/㎡・k))

F110523 (5)

写真は、CCF STYLEの家で採用している、高遮熱断熱Low-Eペアグラス(アルゴンガス入り)

(熱貫流率は1.40(W/㎡・k))

F110523 (6)

樹脂サッシ枠、搬入の様子

この、ごっつい感じがいいです

F110523 (7)

遮音性能もすぐれているので、

窓を閉めたとき、外部の騒音が気にならないのも、

実際に設置してみて実感します。


この、窓の大きさ・数によって、

省エネルギー計画書(Q値計算書)のデータも変わってきますので、

初期の段階でしっかりと、お客さまとの「窓の配置計画」を、行ないます




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------

CCFシステムが快適な理由(わけ)

F110330.jpg

宇和島市 Eternal CCF STYLE の家 1 (四国、愛媛県で1棟目)

F110330 (1) F110330 (2)

リビング吹抜

無垢パイン材を天井板や建具などに使用し、ナチュラルな明るい雰囲気です。

F110330 (3)

北宇和郡松野町 Eternal CCF STYLE の家 2 (愛媛県で2棟目)

F110330 (4) F110330 (5)

リビング吹抜

無垢杉板の天井、地松の化粧梁などを使用し、和モダンな落ち着いた雰囲気です。



いずれも、間仕切りの少ない、大空間リビングとなっています。

「省エネルギー計画」によって算出された、コスト・性能のバランスのいい、断熱仕様を選択しました。

ヒートポンプ式のCCFシステムの1台の機械で、「全館空調+床下冷暖房」するので、

電気代も安く、暑い夏も寒い冬も、快適に過ごすことができます。

F110330 (6) CCF STYLE トイレルーム

トイレや洗面・脱衣所、玄関ホールなどもあわせて、

床暖房+冷暖房できるというのも、魅力のひとつです。



実際にCCF STYLE の家に住まわれているお客様からの声。

「足元をあたためる、補助暖房が要らなくなりました。」

「月々の光熱費が、かなり安くなりました。」

「子供たちが、あまり風邪をひかなくなりました。」 などなど、

私たちにとっても、とてもうれしい感想を聞かせていただいています。


私がこの冬おうかがいしたときにも、室温+2℃くらいの、ほどよい温度の床暖房が、

足元から伝わり、体の芯まであたたまる、というのを体感しました。

足元があたたかく、温度差が少ないというのは、こんなに快適なのかと実感します。

エアコン、窓面の温度差などの、ドラフト気流の不快な感じがないのも特長です。


家一軒まるごと床暖房となると、設置費用が高額なのと、ランニングコストもかかりますが、

CCF STYLE の家だと、初期費用、ランニングコストともに抑えることが可能となります。

CCFシステムを採用するには、お客様ひとりひとりの間取りにあった、断熱計画・断熱施工も必要です。

快適生活ご提案の簡単なシミュレーションもできますので、

みなさま、どうぞお気軽にお問い合わせください

F110330 (8)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------

「新型ファンコイルユニット」発売!CCFシステム

F110329.jpg 

「CCFシステム」新しいパンフレット。

コンパクト化された、室内のファンコンベクターが、4月から新発売です!

F110329 (1) ファンコンベクターSLR-800(旧型)

F110329 (2) 室外ユニットリモコンと、コントローラー 

F110329 (3) 床吹き出し口 

F110329 (4) ヒートポンプ式熱交換ユニット

F110329 (5) 基礎断熱と床下断熱ダクト(施工中)

室内のファンコンベクターが、コンパクト化されることによって、

大幅なコストダウンが可能となりました。

省スペースで、間取りも自由度がUPします。

快適な CCF STYLE の家が、より身近になります。

お気軽に、お問い合わせください





住宅・店舗・建築デザイン設計施工  株式会社エターナル  TEL 0895-45-2215

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------

全館温風床暖房「CCFシステム」

F101231.jpg

こちらは、北宇和郡松野町・・。

外は、冷たい風

なので、こちらへおうかがいするのが楽しみにやってきました

F101231 (1)

廊下のルーバーの向こうに「CCFシステム」の機械が1台だけ設置されてます。

温風床暖房のCCFシステムが稼動していて、

外はとっても寒いのに、家の中は超快適です

F101231 (2) 今日は、24.5度に設定

実際に住まわれてる、お客さまのお話が、かなり説得力があります・・

F101231 (3) ひろちゃん「床あったかいよ!」

CCFシステムで「全館空調+床暖房」なので、

吹抜けのあるリビングはもちろん、

玄関ホール・廊下・トイレ・洗面・脱衣所どこへ行っても床暖房付き、

というのが、とっても魅力です

そして、いちばんは、ランニングコストが安いこと。

全館空調でこれだけ温かいのに、電気代(オール電化)が先月は15,000円だったそうです。

自宅にあまりいないわが家でも、建坪は3分の2しかないのに

先月は、電気代+ファンヒーター灯油代+給湯とガスコンロのガス代で、

合計すると、倍くらい光熱費かかってます

愛媛県では、「CCFシステム」を採用したお家は、これで2軒目・・。

おふた家族とも、「CCFシステム」はおすすめよ!と言ってくださるのが、うれしいです

F101231 (5)

そして、(くぅも含めて)ご家族のみなさんが、

快適で、喜んでくださってることが、とてもうれしいです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日(30日)は、一応仕事納め・・。

やるべきことを済ませて、事務所を出ました。

F101231 (7)

午前2時。知らない間に、雪が積もってます

F101231 (8)

雪道は、苦手です無事帰れて、よかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

eternity ~photo album~ 『もうひとつの「えたにてぃ*のブログ」~お気に入りの写真集』←こちらも、更新中です。

---------------------------------------
読んでいただいてありがとうございますにっこり2
「FC2建築ブログ」 「建築デザインブログ村」
ランキングに挑戦中です!
よろしければ下をクリックお願いします!
1日ワンクリックでポイントが入ります!
応援よろしくお願いしますにっこり2



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
 
---------------------------------------
eternity

二級建築士   松下 久美

Author:二級建築士  松下 久美
Kumi Matsushita

バナーを作成

デザイン・エコ・性能・品質にこだわったエターナルのすまいづくり。
資金計画、税金相談、計画設計、実施設計、申請、管理、施工、アフターメンテナンスまで、ひとつひとつ心をこめて、すすめさせていただきます。
長期優良住宅やゼロエネ住宅、地域産材利用など、各種補助金申請も、おまかせ下さい。
長期優良住宅は標準仕様、お客様それぞれの個性を活かした、オリジナルのすまいをご提案いたします。

Works





























Architectural Design Eternal
******************************
住宅・店舗・建築デザイン設計施工
株式会社 エターナル
〒798-2103
愛媛県北宇和郡松野町
     大字豊岡3019番地
      TEL 0895-42-1688
      FAX 0895-20-5670
床下冷暖房の「CCF STYLE 」
****************************** にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード